スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

エンタメコリアよりジフニインタビュー

544273777264894095.jpg



エンタメコリアよりジフニのインタビューです。


インタビュー:チュ・ジフン「苦労知らずだなんて…」(上)

映画『キッチン』でチュ・ジフンがシム・スボンの『愛しか知らない』を歌うと、客席から感嘆の声がもれた。熱いまなざしと甘い声が女心をメロメロにする。ドラマ『宮~Love In Palace』のときは、よく見かける「すい星のごとく現れたスター」だと思った。適度にかっこよく、適度に才能のある、そんな俳優。しかしその後の歩みは少々違っていた。映画デビューは『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』。平凡なロマンチックコメディーで女性をとりこにするような笑顔を見せたわけでもなければ、アクション映画で上着をたなびかせたわけでもなく、アイドルスターが楽に演じられる「ヒットが約束された」作品ではなかった。また、最近公開された『キッチン』も制作費12億ウォン(約7480万円)の低予算映画だ。


 冒険好きなチュ・ジフンにこれまで歩んできた道のり、そしてこれから歩む道について聞いてみた。


◆「貴公子のイケメン? バス代を節約するような時代もあった」


 チュ・ジフンはソウル市江東区千戸洞で一人暮らしをしている。「家事なんて1度もしたことがないのでは?」という質問に、「一時はしたことのないアルバイトはないほどだった」と笑った。


-「温室の花」のように育ったのでは?


 「全然! 子どものことから小遣いをもらったこともありませんでした。両親が共働きだったため、弟といつも留守番をしていて、食事はラーメンばかりという毎日でした。高校のとき、1日の小遣いは1000ウォン(約60円)。バス代がもったいなくて外出しなかったほどです」


-デビュー前は足りない小遣いをどう補っていたのですか。


 「肉体労働で稼ぎました。そのときの日当が1日6万5000ウォン(約4000円)。喫茶店のアルバイトなんで基本です。河南市の物流倉庫で働いたこともあります」


-最近は生活にも少し余裕が出てきたのでは?


 「いえ、そうでもありません。最初はいろいろ出費が多くて…。まともな服一つ持っていませんでしたから。仕事をしながら少しずつ買い揃えていくのが大変でした。借金も全部返しました。今の家はチョンセ(多額の保証金を預け、月額家賃は支払わない賃貸方式)です。


◆「シン・ミナちゃん? 外で一緒に食事をしたこともありません」


 チュ・ジフンは各作品ごとに相手役と絶妙なコンビを見せる。そのせいだろうか。一時は『キッチン』の相手役、シン・ミナとの熱愛説が持ち上がったりもした。


-(少しにらみつけながら)火のないところに煙は立たないというけれど…。


 「(笑)ミナちゃんはすごくおとなしい子です。お酒も飲めないし。熱愛だなんて…悔しいですねえ。外で一緒に食事をしたこともないのに」


-理想のタイプは?


 「一言では説明できませんが、心が通じ合うのが1番大切です」


-実際の恋愛談を聞かせてほしいですね。


 「一瞬で恋に落ちたことはありません。好感が積み重なって、ある瞬間恋に変わるという感じですかね」


-これまでの恋愛経験は?


 「3回。最後の恋はいつだったかって? それは秘密!」


チョン・サンヒ記者

元記事


応援して頂けたら、ぽちっとお願いします!



ブログランキング【くつろぐ】


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ


にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ

テーマ : 韓国映画 - ジャンル : 映画

2009/03/31 21:11 | キッチンCOMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。